建設業許可
参考報酬一覧

新規(一般) 
新規(特定)
業種追加
許可更新+業種追加

特定・一般 建設業許可更新
一般 建設業許可更新
一般 許可更新
許可更新 個人事業者

150,000円〜180,000円
180,000円〜200,000円
100,000円~
150,000円~
100,000円~
100,000円~
130,000円~

45,000円〜55,000円

​行政書士報酬とは別途、法定費用及び実費が発生致しますので、詳しくはお問合せ下さい。

建設業許可とは?

 建設工事の完成を請け負うことを営業するには、その工事が公共工事であるか民間工事であるかを問わず、建設業法第3条に基づき建設業の許可を受けなければなりません。
 ただし、「軽微な建設工事」のみを請け負って営業する場合には、必ずしも建設業の許可を受けなくてもよいこととされています。
 
*ここでいう「軽微な建設工事」とは、次の建設工事をいいます。
 
[1]建築一式工事については、工事1件の請負代金の額が1,500万円未満の工事または延べ面積が150㎡未満の木造住宅工事
●「木造」…建築基準法第2条第5号に定める主要構造部が木造であるもの
●「住宅」…住宅、共同住宅及び店舗等との併用住宅で、延べ面積が2分の1以上を居住の用に供するもの
 
[2] 建築一式工事以外の建設工事については、工事1件の請負代金の額が500万円未満の工事

※上記金額には取引に係る消費税及び地方消費税の額を含みます。

現場で青写真を見ているエンジニア

建設業許可をこれから取得したい方へ

建設業許可を取りたいが、何が必要かわからない。

建設業許可を将来的に取得したいから、準備をしたい。

他士業に相談したが、相手にして貰えなかった。

 当事務所は、今取れなくても今後取る為の準備からご案内しております。建設業を経営しているといずれは取得を考える許可です。取得は大変ですが、取得できれば得られる物も多い許可です。

​ あきらめずに、是非なんでもご相談下さい。許可取得からその後の進展まで、お客様のご要望を御伺いして徹底サポート致します。

住宅建築

.

.

建設作業員のシルエット